gmoとくとくbbのipv6が本当に速いのか調べてみました

最近、我が家のネット回線(光コラボ)がやたら遅い(汗)。いつも夕方頃家に帰ってすぐ動画見たりするんですけど、そのくらいから異様に遅いんです・・・。まあ皆さんインターネットに繋いでらっしゃるんだろうなぁってのは分かるんですけどね。

 

でも、ユーチューブの画質悪そうな動画再生でも遅く感じるし、普通のページ開くときすら重いな〜って感じることが増えてきました。

 

なんなの?アホなの?

 

と愚痴りたくなるのを鎮めつつ、速くするにはどうすればいいのか探してみたらですね、ipv6?っていう技術を採用しているところなら速いらしい。それならipv6採用してるところに乗り換えれば良さそうです。

 

で、今ウチは光コラボなので料金はフレッツ光よりちょっと安め。他の光コラボサービスもプロバイダ料金を無くして安くしてるとこばかり、っていうか全部?なので、他社の光コラボへ乗り換えれば料金は似たようなもの。初期費用、違約金とか込み込みで2〜3万くらい飛んでいきそうだけど、ネットが遅いと生きていけないので必要経費ってやつです。

 

あとは、ipv6を採用してる光コラボを探すのみ。で、探してみると、ドコモ光のgmoとくとくbbがやたら目につくんですよね〜。紹介文読むといいコトいっぱい書いてあるので心が揺らぎまくり(汗)

 

 

そこで、今のところipv6が速い「らしい」ってだけなので本当のところはどうなのか?gmoとくとくbbだと速いのか?その前にそもそも「ipv6」ってなんなのか?について調べてみました。

 

gmoとくとくbbで採用されてるipv6ってどんなもの?

ipv6はアイピーブイシックスと読むようです。アイピーバージョンシックスもあるみたいですが、読み方なんてどうでもいいですね(汗)。

 

まあでも一応なんの略称なのかも簡単に。

ipv6=Internet Protocol Version 6(インターネット プロトコル バージョン6)

 

で、ipv6について。

 

まず、インターネットには世界各国のスマホとかPCとかタブレットなどがつながっています。そして、例えばグーグルのトップページを開く時、グーグルトップページの文字やデザインデータをあなたの端末にダウンロードしなければ表示できません。

 

となると、あなたの端末が「どこそこのどなたなのか?」がわからないとデータを送信出来ないわけです。住所不定の人に手紙を送れないのと一緒ですね。

 

で、その住所にあたるもの(IPアドレスという)を管理する仕組みがipv6ってやつです。

 

ただですね、ipv6は最新バージョンなんですが、ipv6が登場する前まではipv4っていうバージョンでした(今でも使われてます)。これは約43億しか端末を識別できません。43億って地球の総人口より少ない数です。ネットに繋がる携帯電話は今や一人一台の時代にこれでは足りていません。となると、IPアドレスがなければネット接続できないわけです。

 

この問題を解決するために生まれたのがipv6なんです(関連情報⇒ipv6評判)。

 

 

次にこのipv6を採用しているgmoとくとくbbなら今の激遅光コラボが速くなるのか?を調べてみました。

 

ipv6採用のgmoとくとくbbは本当に速い?評判を調べてみた

gmoとくとくbb×ドコモ光に乗り換えてしまってもいいのか?不安は尽きません。契約してから「やっぱやーめた!」は通用しないですからね(汗)

 

そこで、gmoとくとくbbユーザーさんたちの声を拾い集めてみました。

 

gmoipv6速度の評判
gmoipv6速度の評判
gmoipv6速度の評判
gmoipv6速度の評判
gmoipv6速度の評判

 

 

「駄目」「100Mbps超えたことない」っていう良くない評判もたしかにありましたが、私の見た感じで言うと7〜8割は好意的な声でした。まさかgmoとくとくbb関係者だったりして?!

 

まあそんな可能性もないとも限りませんけど、ネットの声を信じる、信じないは人それぞれです。

 

でも、これだけの速度が出ているなら個人的には余裕でOKかなって思います。ウチの光コラボに比べたら速すぎる。

 

キャンペーンもやってるみたいだし、gmoとくとくbbでいいかなって感じです。

 

 

キャンペーン情報は公式サイトで

IPv6対応で最大1Gbps!速いドコモ光は【GMOとくとくBBのドコモ光】

 

gmoとくとくbbで契約したときの料金を計算してみた

とりあえずgmoとくとくbbのipv6は良さそうってのはわかったんですが、光回線契約なんてヘタしたら5年、10年ってな感じで長期間使い続ける可能性もあるサービス。一回契約したら見直さない人もいるだろうし、契約に関わってた本人が家から出ていって残された家族がそのまま内容も知らずに料金支払い続ける、なんてシチュエーションもありえます。

 

というか、ウチがそうでした(汗)

 

そんなわけで、最初に契約するときくらい長期目線もったほうがいいよね、ってことでドコモ光×gmoとくとくbbの料金を5年目まで計算してみました。今の家計にどれくらい負担になるのか知っておくとなにかと役立つのでは?と思います。

 

料金はgmoとくとくbb公式に掲載されているもので計算。
gmoとくとくbb×ドコモ光の料金

 

  集合住宅 戸建て
1年目 48000円 62400円
2年目 96000円 124800円
3年目 144000円 187200円
4年目 192000円 249600円
5年目 240000円 312000円

 

税別料金です。ここに固定電話I(500円)など付けるとさらにアップしますが、ドコモユーザーなら利用期間や契約内容によって500〜5700円スマホ代から割引されるのでもっと安く使えます。

 

ipv6で速い&料金も安くていい感じ。

 

関連サイト